「セラミド」とは、人間の体内・皮膚に存在する成分であり
<水分を保つ>働きを担っているものであることは、広く知られていると思われます。

いわゆる「皮膚」と呼ばれている組織は、

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下脂肪

という3つの「層」から成り立っていますが
セラミドは、この「表皮」と「真皮」の間に存在する
「角質層」と呼ばれる部分を中心に、存在している成分になります。

正式には、「細胞間脂質」と呼ばれる「脂質」の一種であり
外部からの刺激から、より肌の奥の重要な組織を守るために存在しています。

最も肌の表面(表皮の上)には存在する「皮脂」
その次のバリアとして、細胞を守るために欠かせない存在です。

いわゆる「乾燥肌」と呼ばれる肌は、皮脂の分泌が少ないことに加えて
このセラミドに関してもも、一般的な肌に比べて少ない状態です。

更に「加齢」によって、減少することになる典型的な成分でもあります。

肌を守るために欠かせない水分を留める

そしてこのセラミドは、外部の刺激から肌を守るだけでなく
水分を抱き込むことによって、肌の「潤い」を保つ「保湿成分」でもあります。

そもそも、セラミドがバリア機能を果たしている理由としては
水分をまとうことで、刺激を軽減することができるためであり

  • 肌を守る
  • 肌を美しく保つ

この両方の要素にとって不可欠な肌中の水分
<その水分を保つために>不可欠な成分と言えます。

体内に存在している保湿成分と言えば、
セラミドの他にも、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」が存在しますが
排泄物でもある皮脂を除いて、セラミドは最前線を守っている存在であり
不足することが、最も致命的な成分であると言えます。

取り入れやすいスキンケアの基礎的な成分

不足に注意しなければならない一方で、セラミドの特徴として
非常に多くのスキンケアアイテムの、ベースとなっている成分でもあり
取り入れること自体に関しては、比較的容易であることも事実です。

またコラーゲン等に比べても、外側に存在する成分であり
スキンケアアイテムに含まれる、有効成分として届きやすく
密閉することで自然と効果が高まることになる、フェイスパックであれば尚更と言えます。

セラミドの効果というのは、保湿に限定されるものではありません。

直接的な貢献度は、それほど大きいと思われないかもしれませんが
シワ・たるみ・黒ずみの原因に関しても、皮膚中の水分の不足であり
またシミ・そばかすの要因となる、メラニン色素に関しても
皮膚のバリア機能が劣化してしまうことによって、発生リスクが高まります。

スキンケアのトラブル・改善の、常に中心にあるものが<保湿>であり
その最も根本的な役割を果たしている成分が、セラミドなのです。