潜在的な要因による、アレルギー反応には様々な症状がありますが
「アトピー性皮膚炎」を代表として、特に「痒み」を伴うものは非常に多いと言えます。

また「アレルギー性」ではなくとも、<保湿能力が人より少ない>ことによる
乾燥した肌は、痒みを感じるリスクが非常に高い状態でもあります。

痒みと感じる、特に悪化するきっかけとしては
「空気の乾燥」や、「汗をかいた後」といった
外部的な要因によって、症状が現れる・悪化する印象があるはずです。

しかしながら、体の外側から取り入れることには違いありませんが
体の中にも、痒みを引き越している要素が存在します。

というよりも、実際に痒みを<感じさせる>ものは体内で発生するものであり
また<食事>によって、外部から取り入れるたものが要因となることも多いです。

「ヒスタミン」の発生が痒みを引き起こす

そもそも<痒みを感じる>ということは、痒みを再現する物質である
「ヒスタミン」が発生している状態であり、外部からアレルギー反応の素である
「アレルゲン」を取り入れることで、ヒスタミンの発生を招ことは典型的な症状と言えます。

しかしながら、このヒスタミンの発生による痒みの反応というのは
誰の体にも起こり得るものであり、その要因の1つとして「食事」による摂取が考えられます。

酵素ドリンク「MREビオス」

「ヒスタミン」を含む食材は要注意

「食物アレルギー」による、アレルギー反応に関しても重要な要素には違いありませんが
今回はアレルギー体質関係なく痒みを招いてしまう、ヒスタミンを含む食材を紹介していきます。

この<誰もが痒みを感じることになる可能性のあるもの>
「仮性アレルゲン」と呼び、ヒスタミンはその際たるものになります。

また「ヒスタミンを作るきっかけ」となってしまうものに関しても
痒みを招く食材であることには変わりなく、同時に注意する必要があります。

ヒスタミンを含む食材としては・・・

  • チーズ
  • 味噌
  • ヨーグルト
  • 発酵食品

ヒスタミンは、発酵される過程において増加するという特徴があり
元々少ない含有量だとしても、発酵させた食材は基本的に多くなります。

  • 牛肉
  • 鶏肉
  • 馬肉
  • 卵白

たんぱく質・脂質を豊富に含む食材は
その他のアレルギー症状にも、関わっていることも多いですが
ヒスタミンという、一般的な仮性アレルゲンも含む食材になります。

  • 青魚全般
  • マグロ
  • 貝類全般
  • 海藻類全般

ヒスタミンに関しては、肉類よりも魚介類に注意すべきとの意見もあります。

特に青魚を摂取した際の、アレルギー症状として知られる「蕁麻疹(じんましん)」
体内でヒスタミンの生成を招くものであり、1つの「急性」の症状と言えます。

  • 里芋
  • ナス
  • トマト
  • ほうれん草
  • タケノコ

肉・魚に比べても「意外」に多く、油断しがちであり
特に<夏野菜>にはヒスタミン以外にも、痒みを招く食材が多い傾向があります。

また「トマト」は<痒みの耐性>が非常に分かりやすい食材と言えます。

  • リンゴ(特に皮の部分)
  • バナナ
  • イチゴ(ベリー系)
  • キウイ

果物に関しても例外ではなく、非常に身近な

  • ナッツ類
  • チョコレート(ココア)
  • コーヒー

特にナッツ類は「脂質」が多く含まれており
そういった面も、アレルギー反応を増大させてしまう
元来の<ポテンシャル>を持っているとも考えられます。

しかしながら、

そんなこと言っていたら、何も食べれなくなってしまう・・・

全てを避けていては、きりがありません。

以上に挙げた食材は、あくまで「ヒスタミンが多い」というものであり
そもそも微量であれば、これら以外にも多くの食材が含んでおり
自分の体との「相性」また「許容量」との兼ね合いが必要な要素になります。

またコーヒー・イチゴ等に関しては、「ヒスタミンを抑える」と考えることもあり
その他の野菜類に関しても、肌の健康を保つうえで欠かせない栄養素を含むものになります。

「試す」ということが必要な場合もある

「どの食材を、どのくらい食べると痒くなるのか」といった
自分の体を使って、自分の体の特徴を知ることは
体質を改善していく際に、欠かせないアプローチになります。

また知らず知らずのうちに、自分の体に悪いものを取り入れており
アトピーの症状が悪化してしまっている、とうことも考えられます。

アトピー・乾燥肌の改善のためには、「抵抗性」を緩和することと同時に
余計な刺激を与えないこと・徐々に体に慣れさせることが必要であり
この過程というのは、非常に慎重に進めていく必要があります。

規制がないからこそ自己判断が不可欠

ヒスタミンの特徴としては、加熱処理によって破壊されないため
生食であっても、焼いて・煮ても、含有量がそれほど変わらない点です。

また「農薬」や「各種雑菌」とは異なるものであり、含有量の規制がありません。

自己判断・自己責任で摂取しなければならないものと言えます。

しかしながら、自分の体を知るためには非常に有効な成分でもあり
使い方のよっては、体質改善にとって非常に役立つアイテムであると言えます。