「パラベン」は、「パラベンフリー」という言葉で広く知られている
<可能であれば避けたい添加物>の代表格とも言える成分です。

パラベン(パラオキシ安息香酸エステル類)は、様々な種類がありますが
どれも基本的には「防腐剤」の一種として配合されており、
そのアイテムに含まれる有効成分を、劣化させないことが目的です。

またスキンケアアイテムだけでなく、加工食品にも含まれる成分であり
過剰な摂取によって毒性の働きをすることも事実です。

しかしながら、あくまで「過剰」の場合であり
基準値を守った量であれば、基本的には問題ありません。

「アレルギー・敏感肌」には注意すべき成分

ただし、基準値を守った少量のパラベンの場合にも
「アレルギー」を持っている場合には、注意が必要とも言えます。

それはパラベンに対するアレルギーの場合もあれば
添加物全般へのアレルギーの場合もあり、アレルギー体質の人
また「敏感肌」を持つ人は、そういった反応が出やすい傾向があります。

「ティッシュ」のように取り出すタイプのシートマスク等は
空気に触れる機会も多いために、パラベンが含まれるものも多く存在します。

「高級パック」といった、1枚1枚が綺麗に包装されているものには
パラベンをはじめとした添加物が、含まれていないこもあり
これは「価格」を影響を与えている、非常に大きな要素の1つです。。

そもそも添加物が含有されていないことが、高級パックのメリットでもあり
それに応じて、値段が高くなることになります。

「パラベンを使用する必要がない」というのは、実は非常に高い技術なのです。

どうしても入れる必要がある場合も多い

パラベンは、<配合せざるをえない>という事情もあります。

上記した敏感肌の例に近いものでは、「劣化した溶液」によって
肌荒れや、ニキビ等を悪化させてしまうケースも考えられます。

そういったことからも、「化粧品」というのは
<基本的に3年>の品質保証を付ける必要があります。

これは法律で定められているものであり、何より「安全性」のためです。

<どうしても配合しなければ、販売できない>というアイテムも存在します。

<防腐剤>と表記されているものは、ほとんどがこのパラベンであり
全く珍しいことではなく、極一般的なことでもあります。

それだけ必要性が高いものなのです。

そのため、やみくもにパラベンフリーを求めることは
実は危険なことでもある、という考えもあります。

それは、スキンケアアイテムは食品などに比べて
「消費期限」をそれほど意識して使用しない傾向が見られるため
たとえ、<いつも使っているもの>であっても
場合によっては質が本来に比べて、急激に落ちていることも考えらえるためです。

基本的には「開けた瞬間」から、劣化(酸化)は始まっています。

特に「空気による酸化」よりも、「雑菌」の繁殖リスクは怖いものであり
そういった面からも、密閉包装されているアイテムを利用することを優先しましょう。

>>ポケットワーク